かんたん車査定ガイド

ノアハイブリッド 値引き 2017

価格ドットコムのノアハイブリッドの本体値引き(最新3代目R80系)を集計してみたところ

2017年9月現在で30~35万円が値引き相場でした。

ノアハイブリッドのグレードごとの値引きクチコミをまとめたレポートは以下のとおりです。

ノアハイブリッド Si、G、Xの値引き額

ノアハイブリッド 値引き 2017

ノアハイブリッドSiの値引き額
→値引き口コミなし

ノアハイブリッドGの値引き額
→~30万~35万円値引き

ノアハイブリッドXの値引き額
→20万~50万値引き。(平均35万)

一番売れてるのはノアハイブリッド「X」グレードのようです。 

上記値引き額はノアハイブリッド本体価格からの値引きです。
ディーラーオプションの値引き額は別途で、オプション総額から2割~3割の値引きが相場だと言われています。

ディーラー下取りが安い!と不満な方へ

もしノアハイブリッド購入時に下取り車があるなら、ディーラー下取りより中古車買取店に買取ってもらった方が
30万~最大で100万以上高く売れることが多いです。

車買取専門店への買い取り依頼はここからできます。

 

実例を出すと・・

私が以前乗っていた5年落ちの3代目プリウスが
ディーラー下取り→55万
買取専門店→95万
差額:+40万円

 

私の知り合いが乗っていた7年落ちのボルボXCが
ディーラー下取り→30万円
買取専門店→140万円
差額:+110万円

↑これほど違いました。

ディーラー下取りが安い理由

ハイブリッド

ディーラーのメインの仕事は新車を売ること。
中古車の販売、流通はメインの仕事じゃありません。
そのため中古車はあまり売れず、在庫コストもかかります。


こんな状態でも赤字を出さないには?
=仕入れ値(下取り額)を安くするほかない。
ということでディーラーの下取り額は安くなってます。

買取専門店が高く買い取れる理由

買取専門店は買い取った車をすぐに業者専用の自動車オークションに出品します。
在庫コストがかかりません。
そして薄利多売の商売です。
(沢山買い取って、沢山転売する)
 

もし買取価格が他社より低いと?
→仕入れができず商売にならない。
という業界なのでギリギリまで買取額を高くしてくれます。
 

ちなみにディーラー下取りでは7年経った車の買取額は一律でほぼ0円~数十万円です。
が、買取専門店ならその車に中古車としての需要があれば年式にかかわらず高値で買取してくれます。

買取専門店に売るには?

ノアハイブリッド 値引き

車を売る時はネットの一括査定サイトを使うと
一度の情報入力で複数の業者に査定してもらえるので最高値で売れるところがハッキリわかります

一括査定サイトにもいくつか種類があるので代表的なサイトを申し込みが短時間で完了する順にご紹介します。
どこも査定だけの利用もOKです。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはコチラ

入力は32秒で完了!
東証一部上場企業が運営しており、厳選された大手買取店にのみ査定してもらえます。

入力してすぐにおおよその概算最高買取額(つまり相場)がわかるのが何より便利なポイント。

公式サイトはコチラ

2位 ズバット車買取比較.com

公式サイトはコチラ

累計利用者数60万人。入力は1分で完了。
参加買取店が150社社以上と多いのが特徴。地方での買取に強いと言われています。
このサイトも情報入力後におおよその買取相場を教えてくれます。

公式サイトはコチラ

3位 楽天 無料愛車一括査定

公式サイトはコチラ

2~3分で入力が完了。
楽天ポイントが見積もりで5ポイント成約で3000ポイントもらえるので楽天ユーザーにオススメです。

公式サイトはコチラ


ノアハイブリッドの下取り車をさらに高く売る方法

もし時間があるなら、いろんな一括査定サイトから査定を申し込むとそれだけ多くの業者に査定してもらえる
=それだけ高値で買取してくれる業者と出会える確率が上がります。

個人的な実感としてはこれで買取額が+5万~15万円くらい伸びます。

まとめ

  1. ノアハイブリッドの値引き相場は30万円~35万円
     
  2. ノアハイブリッドの下取り車があるなら、ディーラー下取りより買取専門店に売ったほうが30万以上高く売れることが多い
  3. 買取専門店への売却は一括査定サイトを使うことで最高値で買取してくれる業者がハッキリする

サイト運営者:しまちゃん
プロフィール:車好きな40代の男です。3人の子供がいます。手持ちの車が手狭になってきたのでミニバンに乗り換え検討中。

自動車保険を安く抑えたい方へ


【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

© 2017 ノア 値引き rss